読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【振り子の法則】リアリティトランサーフィン 第2章

どうも、ナナシです。

 

振り子の法則の第2章について解説していきたいと思います。

 

第2章 振り子

同じ方向でものごとを考える人々の集まりは、「エネルギー情報体」形作る。これを「振り子」と呼ぶことにする。このエネルギー情報体はひとりでに成長を始め、人々を自分の決まりに従わせる。人々は、知らないうちに振り子の利益のために行動 していることを理解していない。

どうすればこのしつこい幻惑から目覚めることができるだろう。

 振り子はまさに会社や学校などが良い例ですね。振り子に乗っ取られていると、振り子の中での出来事がこの世の全てであるかのように感じられ、振り子に人生をめちゃくちゃにされてしまいます。

例えば、今勤めている会社が全てであると思ってしまうと、転職や会社を辞めるという選択肢もないまま、絶望の故に自殺なんてことになりかねません。

望んでいないことを自分の人生から排除する唯一の方法は、あなたの思考エネルギーを乗っ取った振り子の影響から解放されることである。

そして、その後も振り子の挑発には乗らず、そのゲームにも加わらないようにする。破壊的振り子の影響下から脱出するには、二つの方法がある。

振り子から身をかわすか、または振り子を手なずけるか、である。 

 

もし、あなたにそうあって欲しくない何らかの状況があるならば、ただ単にそのことについて考えないようにして、無関心な態度でそばを通り過ぎれば、そのことはあなたの人生から消えてなくなる。

人生から放り出すということは、敬遠することではなく、無視することである。この場合、「敬遠する」を、自分の人生に入り込むことを許可するものの、猛然と逃れようとすること、と定義したい。

「無視する」とは、何も反応を示さない、従ってある状況に陥らない、ということになる。

 分かっているつもりでも、「無視する」のが難しい場合もありますよね。

そんなときは、くだらないことや楽しい週末の予定など考えたりして、兎に角気を紛らせるのがよいのかなと思います。

あと、”猛然と逃れる”という手段は最後の砦として必要であると私は考えています。

いじめやパワハラに対しては、勇気を持って逃げてください。

会社や学校なんていくらでもあります。

そもそも、”逃げる”というのは行動を起こすのが怖いのでそのままの状態でいることも、”逃げる”ことなのかなと最近思うようになりました。

そして、逃げた後でいじめやパワハラに気を取られず、”無視する”を実践すればよいと思います。

以前私がそうだったのですが、辞めた会社の恨み辛みを抱えたままでいても、良いことは何一つ起こりませんでした。

と、ちょっと話が脱線しました。

ところで、ほかならぬあなたにとって有益な振り子も存在する

それはあなたの振り子である。それを見つけるためには、まずあなたの目的が振り子によって押し付けられたものかどうか識別する必要がある。

押し付けられた目的をあなたが追いかけようとすると、自分本来の幸せな人生ラインからどんどん遠ざかってしまう。自由な状態を保ちつつ、あなたの本当の成功と個人としての幸せが待ち受けているような人生ラインを自分に選ぶということが課題になってくる。

今までさんざん振り子から身をかわせとか言ってのに、自分の振り子ならオールオッケーだよって何なんだよ!と思ってしまいました(笑)

自分の振り子を見つければ人生の幸せなラインへ導かれるそうです。(本当かよ)

まぁともかく、どうやって自分の振り子を見つけるのかというのは第3章以降になりますので、今回はこの辺で終わります。

 

 

 

 

 

 

【振り子の法則】リアリティトランサーフィン 第1章

お久しぶりです。

どうもナナシです。

 

最近面白い本を見つけました。

【振り子の法則】リアリティトランサーフィンという本で、もと量子物理学者のロシア人作家の方が書いているそうです。

 

「振り子の法則」リアリティ・トランサーフィン―幸運の波/不運の波の選択

「振り子の法則」リアリティ・トランサーフィン―幸運の波/不運の波の選択

 

 現在絶版なのか、ちょっとお高くなっております。

”バリアント・モデル”やら”過剰ポテンシャル”やら、色々と物理っぽい?ワードが出でくるのですが、意外にもスラスラ読めてしまいます。

 

第1章 バリアント・モデル

”本章では「トランサーフィン」への理論導入が記されてる。トランサーフィンの基本概念はバリアント・モデルといい、これは私たちの住む世界の構造に対する根本的に新しい見方である。望むことはただ単に受け取ればよいということを、人は知らない。なぜそんなことが可能なのだろう。”

 私の中で、バリアント・モデルは移動可能なパラレルワールドのようなイメージです。

 

 ”今いる人生ラインの上で何かを変更することは不可能である。あなたが絵画展にいるとして、自分の好みに合わない展示品を撤去したり、配置換えしたりすることができないのとまったく同じだ。そこではあなたが主人ではない。けれども、もっと気に入ったものを観ようとして、後戻りし、別のホールへ移動することは誰も禁止していない。”

 

絵画展の展示物はいわば自分自身が持って生まれたものだったり、家族だったりなかなか替えることの難しいものであるけれども、それらを取り巻く環境は自分で変えることができる、 選択することができるという意味なのではないかと解釈しています。

 

ちょっと短いですが、第1章はそんなに書くことがないのでここまでで(笑) 

 

 

 

 

 

 

辛い時期を乗り越える方法Part1

どうも! 

ナナシです!

 

前回の記事で、会社勤め辛いよ〜などと弱音を吐いておりましたが、

最近は不安や恐怖が落ち着いてきました。

 

漠然とした恐怖が中々消えずにいたので、どうしたらこの恐怖を消せるのだろうなどど

ずーっと考えていました。

 

しかし、恐怖を感じていることをなくそうとしてもなくなるものではないのですよね。

 

ニューアースでもこのように書かれています。

 

怨恨を抱いているのなら、思考と感情の両方のレベルでその怨恨と怨恨を生かし続けている思考に気づき、その思考への身体的反応の結果である感情をしっかりと感じることだ。

怨恨を捨てようとしてはいけない。怨恨を捨てようとかゆるそうとしてもうまくいかない。怨恨はまがいものの自己意識を強化してエゴを温存する以外の何の役にも立たないと気づいたとき、自然にゆるすことができる。

 

これは怨恨と書かれていますが、私たちが感じるネガティブな思考に対しても同様のことが言えるのではないかと思います。

 

まず、自分が恐怖や不安を感じているなら、それに気づいてしっかりと心の中を見つめてみましょう。

 

私もそうでしたが、自分の中のネガティブな思考を感じることは心の奥がモヤァ〜としてあまり気持ちのよいものではありません。

 

しかし、しっかりと自分の感じている不安や恐怖と向き合っていくと、少しづつ不安や恐怖が薄まっていくように感じました。

 

タイトルは辛い時期を乗り越える方法とありますが、どちらかと言えば辛い時期も許容する方法という感じになりますね。

 

私は状況が大きく変化したという訳ではなく、再び自分の思考に打ちのめされることもあるかもしれませんがまぁなんとかなるんじゃないという気持ちで過ごせるようになりました。

 

 

再就職できたからといってハッピー!な訳ではない

どうも!

ナナシです。

 

再就職して一ヶ月程経ちましたが、この一ヶ月という短い間ですら会社辛い...となり、

「せっかく再就職したのに全然ハッピーじゃない!むしろ不幸!残念!」という感じでした。

 

なのでこれから再就職を目指される方は、仕事が始まったら始まったで、それはそれで面倒くさいということを肝に銘じておいてください。

 

私はそもそも会社に勤めることに期待を持ちすぎてしまっていたと思います。

 

それから、やっぱり自分の劣等感や自身の無さだったり、周りの目を必要以上に気にしすぎていました。

ニート時代にニューアースなどの精神的な本を読んで精神面を鍛えていたこともあり、もうどんなことが起きても大丈夫!などと思っていましたが、環境が変わってこうも打たれ弱くなってしまうとは、自分もつくづくまだまだだなぁと思ってしまいました。

 

今はなんとか山場を抜けて、少しマシな気分になってきました。

次の記事で、なんとかマシな気分になった方法を書いていきたいと思います。

 

 

第二新卒短期離職から再就職する3つのポイント

どうも!

新卒3ヶ月短期離職+一年間の空白期間+一浪というかな〜りネックな

経歴でしたが、再就職できた3つのポイントをご紹介したいと思います。

 

①一貫性を持たせる

すごく月並みなポイントではありますが、なぜ浪人したのか、なぜ辞めたのか、

なぜ空白期間があるのか、という部分に一貫性があれば面接官もある程度納得してくれるはずです。

もし、一貫性なんてないや...と感じている人でも自分が選択した答えの中にある程度は

何かつながりがあるはずです。

中々考えつかなければ、自然な流れをでっちあげましょう!!!!

でっちあげでも声に出して言っていると、何となくそうなのかもしれないと自分自身で

騙されるようになるはずです。多分。

 

しかし、私自身は正直一貫性なんてそんなに必要かな?と思っています。

個人的にはなんとなく気づいたら行動してたみたいな感じのが普通じゃないの?と思ってます。(だから、人生に迷走してるのか)

 

②素直になる

素直になるというか、面接中に一度は「考えが甘いんじゃないの?」みたいなことを

言われます。

言われなくても、面接官はほぼそう思っていると思います。

なので、一度「済みません、自分の考えが甘かったです」と素直に反省したふりをして、「しかし今はしっかり考えた上で〜です」みたいな感じで言えると良いみたいです。

 

③筆記テストを頑張ること

筆記テストは学生の頃から苦手でしたが、ナツメ社の赤い本を必死にやってました。

 

【主要3方式〈テストセンター・ペーパー・WEBテスティング〉対応】これが本当のSPI3だ! 【2018年度版】

【主要3方式〈テストセンター・ペーパー・WEBテスティング〉対応】これが本当のSPI3だ! 【2018年度版】

 

 

結局今の会社は別のテストだったのであんまり意味はなかったような気もしますが....

とりあえずSPIを程度できるようにしておけば、自分自身の不安も和らげることができると思います。

 

とまあこんな感じです。

 

今再就職して働いていていますが、ブラック企業というわけでもないですし、採用して頂いたことには感謝しているのですが、正直ニートの生活に戻りたいと感じている今日この頃です。次もいつ辞めるか分かりません。(笑)

 

なので、面接などで落とされてもあまり深刻に考えずに、今の 自由を楽しんでください。

 

 

 

 

 

新卒3ヶ月で会社辞めてもなんとかなった話

お久しぶりです。

どうも。ナナシです。

 

新卒3ヶ月+一年間ほぼニートの状態から、

 

無事に再就職することができました!

 

9月末頃に決まり、今は研修中という感じです。

しかも、新卒時のときより給与も上がりました。

年間休日120日以上でボーナスも出るようです。

そして、職場も静かで良いです。

 

次の記事で、恐れ多くはありますが再就職のポイントなどを書いていきたいと思います。

 

精神的なこと

  新卒で会社を辞めてから一年間、かなり精神的な部分での考え方が変化しました。

 

その大きなきっかけとなったのが、「ニューアース」という本です。

 

 

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-

ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる-

 

Kindleで購入し、もう何回読んだか分からないくらい読み返しています。

 

毎日不幸で不幸でもう嫌だぁああああという感じから、かなり生きるのが楽になったと思います。

 

この本はスピリチュアルな分野に分類されているのですが、そういったのが苦手な方でもとっつきやすいと思います。

 

私も前は引き寄せや精神世界のことについては信じていなかったのですが、そうかもしれないと感じたエピソードがあります。

 

というのは、新卒の会社を辞めて、会社や様々なことに対する罵詈雑言で心の中でいっぱいでした。

 

そして、はじめましてでも書きましたが、大学時代に勤めていたバイト先でアルバイトをすることにしました。

 

このときに、人手が足りていない他の店舗で働くことになったのですが、そのとき一緒に働いている人達がかなり気の強い方が多い職場でした。

 

あるときには、「殺すぞ」など酷い暴言を吐かれたときもあり、アルバイトも辞めようかと考えたときもありました。

 

しかし、今になってみるとそれは罵詈雑言でいっぱいの自分の心の中の現れだったのだなと思います。

 

今では、たまにイラっとしたりすることもありますが、前よりずっと良い人間関係を築けるようになり、悩んだりすることもなくなりました。

 

どうしてこう思えるようになったのかと言いますとやはり、「ニューアース」のおかげかなと思います。

 

本当に人生に思い悩んだときに読んでほしい一冊です。

 

 

 

 

div id="recommend-entries">