読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【振り子の法則】リアリティトランサーフィン 第4章 ④

どうも、ナナシです。 書くことに意欲的になっているうちに、テンポよく更新していきたいと思います! 第4章 軽蔑と虚栄心 どんな理由が あろうとも、決して人を軽蔑してはいけない。軽蔑とは非難の最も危険な種類である。なぜなら、平衡力が働く結果、あな…

【振り子の法則】リアリティトランサーフィン 第4章 ③

どうも、ナナシです。 最近手帳を探していたのですが、手帳ってシンプルでいいのにやたらゴタゴタしてるものが多く、シンプルなものはやたらと高いですね。 そんな中、先日ようやく気に入った手帳を見つけ、よっしゃ今から使うぞ!という感じで購入したので…

【振り子の法則】リアリティトランサーフィン 第4章 ②

どうも、ナナシです。 先日、初めて一人でカラオケにいってきました。いいもんですね、ヒトカラ。 人間たまにはデカい声を出すことが必要だなと実感しました。 そんなわけで(?)、振り子の法則第4章の続きをさっそく解説していきたいと思います。 第4章 不…

【振り子の法則】リアリティトランサーフィン 第4章 ①

どうも、ナナシです。 やはり読んで頂いている方がいると嬉しいものですね。ありがとうございます。 飽き性で続かない性格なのですが、更新も頑張っていきたいと思います。 第3章までは主に振り子から自由になって幸福の波に乗ろう!というようなことを書い…

【振り子の法則】リアリティトランサーフィン 第3章

どうも、ナナシです。 振り子の法則第3章について解説していきたいと思います。 第2章で、幸せになりたければ、自分の振り子を見つけろ!的なことが書かれていましたが、どうやら自分の振り子というよりも”幸運の波”という言葉で表現されています。 第3章 幸…

引き寄せること自体には成功した話

どうも、ナナシです。 振り子の法則の解説を書くのに飽きたので(早い)、気分転換に引き寄せについて書きたいと思います。 というのも、新卒の会社を短期離職し、次の就職先を探していた時のことです。 その頃ちょうど精神世界について興味を持ち始め、ニュ…

【振り子の法則】リアリティトランサーフィン 第2章

どうも、ナナシです。 振り子の法則の第2章について解説していきたいと思います。 第2章 振り子 同じ方向でものごとを考える人々の集まりは、「エネルギー情報体」形作る。これを「振り子」と呼ぶことにする。このエネルギー情報体はひとりでに成長を始め、…

【振り子の法則】リアリティトランサーフィン 第1章

お久しぶりです。 どうもナナシです。 最近面白い本を見つけました。 【振り子の法則】リアリティトランサーフィンという本で、もと量子物理学者のロシア人作家の方が書いているそうです。 「振り子の法則」リアリティ・トランサーフィン―幸運の波/不運の波…

辛い時期を乗り越える方法Part1

どうも! ナナシです! 前回の記事で、会社勤め辛いよ〜などと弱音を吐いておりましたが、 最近は不安や恐怖が落ち着いてきました。 漠然とした恐怖が中々消えずにいたので、どうしたらこの恐怖を消せるのだろうなどど ずーっと考えていました。 しかし、恐…

再就職できたからといってハッピー!な訳ではない

どうも! ナナシです。 再就職して一ヶ月程経ちましたが、この一ヶ月という短い間ですら会社辛い...となり、 「せっかく再就職したのに全然ハッピーじゃない!むしろ不幸!残念!」という感じでした。 なのでこれから再就職を目指される方は、仕事が始まった…

第二新卒短期離職から再就職する3つのポイント

どうも! 新卒3ヶ月短期離職+一年間の空白期間+一浪というかな〜りネックな 経歴でしたが、再就職できた3つのポイントをご紹介したいと思います。 ①一貫性を持たせる すごく月並みなポイントではありますが、なぜ浪人したのか、なぜ辞めたのか、 なぜ空…

新卒3ヶ月で会社辞めてもなんとかなった話

お久しぶりです。 どうも。ナナシです。 新卒3ヶ月+一年間ほぼニートの状態から、 無事に再就職することができました! 9月末頃に決まり、今は研修中という感じです。 しかも、新卒時のときより給与も上がりました。 年間休日120日以上でボーナスも出るよ…

精神的なこと

新卒で会社を辞めてから一年間、かなり精神的な部分での考え方が変化しました。 その大きなきっかけとなったのが、「ニューアース」という本です。 ニュー・アース -意識が変わる 世界が変わる- 作者: エックハルト・トール,吉田利子 出版社/メーカー: サン…

はじめまして

どうも。初めまして。 ハンドルネームが中々思いつかないので、ナナシと申しておきます。 突然ですが、私は新卒3ヶ月で入った会社を辞めてしまいました。 その理由は、今考えるともうちょっと続けられたのかもしれないな...と思います。 しかし、それは今に…

div id="recommend-entries">