読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【振り子の法則】リアリティトランサーフィン 第4章 ①

どうも、ナナシです。

 

やはり読んで頂いている方がいると嬉しいものですね。ありがとうございます。

飽き性で続かない性格なのですが、更新も頑張っていきたいと思います。

 

第3章までは主に振り子から自由になって幸福の波に乗ろう!というようなことを書いてきました。

第4章はそれに加え、”過剰ポテンシャル”という新たな概念が出てきます。

章のページ数が多いので、何回かに分けて解説していきたと思います。

第4章 バランス

過剰ポテンシャル

 自然にあるもすべてのものが平衡状態を目指そうとする。気圧差は風によって均一化される。気温差は熱交換によって調整される。

いかなるエネルギーであっても過剰ポテンシャルが生じたところならばどこでも、不均衡を解消しようとする平衡力が働く。

浸透圧なんかも高いところから低いところへ移動するように、私たちを取り巻く周りのエネルギーも高いところから低いところへ移動し、一定のエネルギーになるということ

が起こっているようです。

過剰ポテンシャルは、目にも見えず感じることすらできないにも関わらず、人々の暮らしの中で強い影響力を持つ。また、それだけでなく、意地悪な役割を果たすことが特徴と言える。こうした過剰ポテンシャルを解消するように働く平衡力の作用は、多くの問題を生み出す。

意地悪な役割とは、しばしば意図したものとまったく逆の結果を得ることによる。

私も引き寄せについての記事を書きましたが、引き寄せることに成功して期待MAXでいたら自分の望むものではなかったみたいなことがよくあります。

これってまさに過剰ポテンシャルですよね。

仕事に全身全霊を捧げたら、優れた成果を得ることができるという意見があるが、それは間違っている。

もしあなたにとって、より多く働くということが、より多く稼ぎ、または自分の能力の強化を意味するのであれば、もちろんある程度の努力はする必要があるし、それでも何も問題は起こらないだろう。

しかし、すべてにおいて節度を心得る必要がある。もしあなたがひどく疲れたり、仕事が苦役になったと感じるならば、テンポをゆるめるか、まったく別の仕事に就く仕事がある。節度を超えた努力は、必ずや否定的な結果をもたらすことになるだろう。

これは日本人にはよくあることかもしれません。仕事中毒になっていて、家庭での時間や自分の時間がとれなくなってしまっている状態の方も多いと思います。

例えば、あなたが病気になったとしたら、給料がどうのこうのと言ってられなくなる。

あなたをうつ病が襲うかもしれない。あなたにとって重荷と感じることを自分に強いたら、病気にならないわけがない。理性は「さあ、金を稼ぐのだ!」と繰り返す。

しかし、あなたの魂は驚いてこうつぶやく。「まさか私は、苦しみもがくためにこの世に生を受けたわけではあるまい?私にとってこれらすべてのことは、いったい何のためなのだろう?」。結局、あなたは慢性疲労に陥る。こうなったら生産性云々の話ではなくなる。

生活を楽にするために働いてきたのに、何の甲斐もなかったという気がすることだろう。

 この一節を読んでいたときに、ほんっとにそうなんだよ!と納得してしまいました。

生活の為に働かなければ!と思ってしまい、サビ残パワハラなどに耐えた結果、体や精神を壊し、働けなくなってしまうなんていうことが本当によくあると思います。

過剰ポテンシャルを解消するために、仕事と自分の関係を意識して見直す必要があるということである。仕事以外で、好きなことに携わることのできる時間は、あなたにとって絶対に必要である。

職場に来たら、自分をリースに出すのだ。自分の両手と頭は貸し出すが、心までは譲り渡したりしない。

自分をリースに出すことは、だらしなく無責任に働くことを意味するわけでは決してない。これは、過剰ポテンシャルを作らず、執着せずに行動することを意味し、この際、あなたに要求されたことはしっかりとやり遂げなくてはならない。

仕事と自分の関係ってすごく難しいですよね。

仕事に人間関係が絡んできたりして、思うようにできなかったりすることも多いのではないでしょうか。淡々と仕事を片付けることができたら苦労しねーよ!と正直思ってしまう部分もあります。

そもそも、リースに出すという概念も通用しない、ブラック企業など破綻した職場で働いている場合は早く逃げて下さい。

「仕事にのめり込む」ことが正当化されているのは、唯一仕事があなたの目的である場合だけである。 そういう仕事であれば、かえってエネルギーを充填させてくれるだろうし、喜び、高揚感、満足感などをもたらしてくれる。

 仕事を通じて偉業を成し遂げる方もやっぱりいるんですよね。

私はそういった偉人に憧れ、仕事で自己実現するんだ!みたいな意識の高さが、かえって過剰なポテンシャルを生み出し、苦しんでいたタイプです(笑)

きっと仕事が自身の目的であるとするならば、本人は仕事と意識せずに、自然と楽しんでしていることなのかもしれません。

 

とりあえず、今回はこの辺で終わります。

 

 

【振り子の法則】リアリティトランサーフィン 第3章

どうも、ナナシです。

 

振り子の法則第3章について解説していきたいと思います。

第2章で、幸せになりたければ、自分の振り子を見つけろ!的なことが書かれていましたが、どうやら自分の振り子というよりも”幸運の波”という言葉で表現されています。

 

第3章 幸福の波 

振り子は自分に対してだけ建設的であって、あなたにないしてそうなることはありえない。何が建設的、創造的かといえば、あなたからエネルギーを奪い取ることにおいてである。

それではこんな質問をしてみよう。あなたのエネルギーを必要としないエネルギー構造が存在するだろうか?

実は、存在するのである。その一つが、幸運の波、またあなた個人にとっての状況の幸運な重なり合い、とでもいうものだ。 

 第2章でもご説明した通り、振り子はあなたのエネルギーをとことん奪い尽くします。

しかし、あなたがもし自身の幸福の波に乗ることができれば、そのまま人生の幸福なラインへ運んでくれるそうです。

人々は本当に幸福と幸運とを自分で選ぶことができる。その一方で、人々は、幸運の波から遠ざけようとする振り子から自由な状態にはない。

ここで、再び前のテーマに戻るとしよう。選択の自由を自分で手に入れるためには、依存状態を断ち切ることが不可欠なのだ。

元々関係のないはずのよその振り子の影響から自由になる権利も私たちにはある。どのようにして、こうした権利を手に入れることができるのか、次に説明することにしよう。 

 もともと私たちには選択する自由があるはずです。というか、自分の人生の全てが毎秒毎秒の選択の積み重ねであると思います。しかし、その選択が振り子に乗っ取られたまま選択していれば、幸福の波にのることができません。

たいていの人は、始終頭の中で何らかの思考を巡らせている。もしこうしたプロセスをコントロールできないとしたら、ネガティブな感情に頻繁に支配されてしまう。思考をネガティブに攪拌されるままにしておくことは、破壊的振り子とのゲームに入り込み、振り子の周波数でエネルギーを放射することである。これは非常にためにならない習慣だ。 

 私などもまだまだそうなのですが、少しでも外部で嫌なことがあれば、それについて思考し、くだらないネガティブな情報で頭をいっぱいにさせています。

そんな状態ではまさに振り子の思うままであり、振り子に人生をめちゃめちゃにされてしまいます。

自分の思考を意識的にコントロールするように習慣を変えることがあなたにとって有益なのである。

あなたの意識が特には働いていない時、例えば交通機関を利用していると時、ただ散歩をしている時、注意をしなくてもよい仕事をしている時などには、必ずポジティブな思考のスイッチをいれて欲しい。

達成できなかったことは考えないで、これからやり遂げたいことを考えるようにすれば、そうなるはずだ。 

 ここの部分はすごく引き寄せの法則っぽいなぁと感じました。人間は無意識にネガティブな思考に乗っ取られているので、まずはネガティブな思考をしていることに気づき、そこから少しでも自分の気分が良くなることを考えるようにすることで、思考のコントロールが少しずつできるようになっていくと思います。

しかし、これはネガティブな状況にいるとすごく難しく感じますよね。

しかも最初から完璧にやろうとするので、「またネガティブなことを考えてしまった。。。自分ってほんとダメ人間だわ。。。」みたいなことになりがちです。

なので、まずはネガティブな思考をしている自分に気づく→そこから余裕があればいい気分になる考えを採用するというステップを踏んでいくのがよいかと思います。

どんな失敗でも、少なくとも、教訓として役にたち、あなたをより強く鍛え、経験豊かにしてくれる。あなたの世界のどんな現象でも喜ぼう。

とは言うものの、これを実行することは最初は大変である。望ましくないものに対してネガティブに反応する古い習慣がしつこく現れるからである。忌々しい状況に陥った時には必ず、振り子があなたを掴み寄せようとしていることを思い出すよう学習するのだ。

もしあなたが、うまく思い出したならば、振り子から身をかわすか、手懐けるかはもうそれほど難しいことではない。 

振り子から自由になるステップ

・ネガティブな思考をしていることに気づく

・振り子に乗っ取られそうになることを思い出す

・良い気分になる考えを採用する

この3点で今までのネガティブな思考の習慣を少しずつ打破できれば良いのかなと思います。

ネガティブな思考をしてしまう習慣が抜けないうちは、振り子が挑発してくることもよくあるそうです。そんなときに、とにかく振り子が掴みかかろうとしていることを”思い出す”というプロセスが肝心なようです。

 

それでは第3章の解説はこの辺で〜

 

引き寄せること自体には成功した話

どうも、ナナシです。

振り子の法則の解説を書くのに飽きたので(早い)、気分転換に引き寄せについて書きたいと思います。

 

というのも、新卒の会社を短期離職し、次の就職先を探していた時のことです。

その頃ちょうど精神世界について興味を持ち始め、ニューアースやら引き寄せの法則やらを読んでおりました。

 

お金と引き寄せの法則 (引き寄せの法則シリーズ)

お金と引き寄せの法則 (引き寄せの法則シリーズ)

 

 そこで、自分が求める会社の条件をノートに書いていました。

ノートに書いた内容は以下のような内容です。

【入社する会社】

・残業代が全て出る

・ボーナスが出る

・勉強できる環境

・和気あいあいとした職場である

 

こんな感じのことをなんとなく書いていたのですが、これを書いた一ヶ月後くらいには条件に一致する会社が見つかり、入社することになりました。

この当時は、再就職して希望する会社に入れば人生薔薇色だ!ぐらいには思ってました。

しかし、望んだ状況が手に入ったからといって、幸せになるという訳では全くありませんでしたし、自分が本当に望んでいたものは他にあったといった感じでした。

私は何かがあれば自分はもっと幸せになれると勘違いしておりました。

ここでやっぱり、ニューアース的な考えに戻るのですが、幸せになる、成功することは”今”幸せになり、”今”成功するしかないのだということが実体験で腑に落ちた気がします。

 

そうはいっても、自分がどん底にいると感じでいたときは、引き寄せの法則は自分の気持ちを前向きにしてくれたものであったのは確かです。

そんな訳で、現時点の幸せや豊かさに感謝しながら、上手く引き寄せと付き合っていければいいなぁという感じです。

 

 

【振り子の法則】リアリティトランサーフィン 第2章

どうも、ナナシです。

 

振り子の法則の第2章について解説していきたいと思います。

 

第2章 振り子

同じ方向でものごとを考える人々の集まりは、「エネルギー情報体」形作る。これを「振り子」と呼ぶことにする。このエネルギー情報体はひとりでに成長を始め、人々を自分の決まりに従わせる。人々は、知らないうちに振り子の利益のために行動 していることを理解していない。

どうすればこのしつこい幻惑から目覚めることができるだろう。

 振り子はまさに会社や学校などが良い例ですね。振り子に乗っ取られていると、振り子の中での出来事がこの世の全てであるかのように感じられ、振り子に人生をめちゃくちゃにされてしまいます。

例えば、今勤めている会社が全てであると思ってしまうと、転職や会社を辞めるという選択肢もないまま、絶望の故に自殺なんてことになりかねません。

望んでいないことを自分の人生から排除する唯一の方法は、あなたの思考エネルギーを乗っ取った振り子の影響から解放されることである。

そして、その後も振り子の挑発には乗らず、そのゲームにも加わらないようにする。破壊的振り子の影響下から脱出するには、二つの方法がある。

振り子から身をかわすか、または振り子を手なずけるか、である。 

 

もし、あなたにそうあって欲しくない何らかの状況があるならば、ただ単にそのことについて考えないようにして、無関心な態度でそばを通り過ぎれば、そのことはあなたの人生から消えてなくなる。

人生から放り出すということは、敬遠することではなく、無視することである。この場合、「敬遠する」を、自分の人生に入り込むことを許可するものの、猛然と逃れようとすること、と定義したい。

「無視する」とは、何も反応を示さない、従ってある状況に陥らない、ということになる。

 分かっているつもりでも、「無視する」のが難しい場合もありますよね。

そんなときは、くだらないことや楽しい週末の予定など考えたりして、兎に角気を紛らせるのがよいのかなと思います。

あと、”猛然と逃れる”という手段は最後の砦として必要であると私は考えています。

いじめやパワハラに対しては、勇気を持って逃げてください。

会社や学校なんていくらでもあります。

そもそも、”逃げる”というのは行動を起こすのが怖いのでそのままの状態でいることも、”逃げる”ことなのかなと最近思うようになりました。

そして、逃げた後でいじめやパワハラに気を取られず、”無視する”を実践すればよいと思います。

以前私がそうだったのですが、辞めた会社の恨み辛みを抱えたままでいても、良いことは何一つ起こりませんでした。

と、ちょっと話が脱線しました。

ところで、ほかならぬあなたにとって有益な振り子も存在する

それはあなたの振り子である。それを見つけるためには、まずあなたの目的が振り子によって押し付けられたものかどうか識別する必要がある。

押し付けられた目的をあなたが追いかけようとすると、自分本来の幸せな人生ラインからどんどん遠ざかってしまう。自由な状態を保ちつつ、あなたの本当の成功と個人としての幸せが待ち受けているような人生ラインを自分に選ぶということが課題になってくる。

今までさんざん振り子から身をかわせとか言ってのに、自分の振り子ならオールオッケーだよって何なんだよ!と思ってしまいました(笑)

自分の振り子を見つければ人生の幸せなラインへ導かれるそうです。(本当かよ)

まぁともかく、どうやって自分の振り子を見つけるのかというのは第3章以降になりますので、今回はこの辺で終わります。

 

 

 

 

 

 

【振り子の法則】リアリティトランサーフィン 第1章

お久しぶりです。

どうもナナシです。

 

最近面白い本を見つけました。

【振り子の法則】リアリティトランサーフィンという本で、もと量子物理学者のロシア人作家の方が書いているそうです。

 

「振り子の法則」リアリティ・トランサーフィン―幸運の波/不運の波の選択

「振り子の法則」リアリティ・トランサーフィン―幸運の波/不運の波の選択

 

 現在絶版なのか、ちょっとお高くなっております。

”バリアント・モデル”やら”過剰ポテンシャル”やら、色々と物理っぽい?ワードが出でくるのですが、意外にもスラスラ読めてしまいます。

 

第1章 バリアント・モデル

”本章では「トランサーフィン」への理論導入が記されてる。トランサーフィンの基本概念はバリアント・モデルといい、これは私たちの住む世界の構造に対する根本的に新しい見方である。望むことはただ単に受け取ればよいということを、人は知らない。なぜそんなことが可能なのだろう。”

 私の中で、バリアント・モデルは移動可能なパラレルワールドのようなイメージです。

 

 ”今いる人生ラインの上で何かを変更することは不可能である。あなたが絵画展にいるとして、自分の好みに合わない展示品を撤去したり、配置換えしたりすることができないのとまったく同じだ。そこではあなたが主人ではない。けれども、もっと気に入ったものを観ようとして、後戻りし、別のホールへ移動することは誰も禁止していない。”

 

絵画展の展示物はいわば自分自身が持って生まれたものだったり、家族だったりなかなか替えることの難しいものであるけれども、それらを取り巻く環境は自分で変えることができる、 選択することができるという意味なのではないかと解釈しています。

 

ちょっと短いですが、第1章はそんなに書くことがないのでここまでで(笑) 

 

 

 

 

 

 

辛い時期を乗り越える方法Part1

どうも! 

ナナシです!

 

前回の記事で、会社勤め辛いよ〜などと弱音を吐いておりましたが、

最近は不安や恐怖が落ち着いてきました。

 

漠然とした恐怖が中々消えずにいたので、どうしたらこの恐怖を消せるのだろうなどど

ずーっと考えていました。

 

しかし、恐怖を感じていることをなくそうとしてもなくなるものではないのですよね。

 

ニューアースでもこのように書かれています。

 

怨恨を抱いているのなら、思考と感情の両方のレベルでその怨恨と怨恨を生かし続けている思考に気づき、その思考への身体的反応の結果である感情をしっかりと感じることだ。

怨恨を捨てようとしてはいけない。怨恨を捨てようとかゆるそうとしてもうまくいかない。怨恨はまがいものの自己意識を強化してエゴを温存する以外の何の役にも立たないと気づいたとき、自然にゆるすことができる。

 

これは怨恨と書かれていますが、私たちが感じるネガティブな思考に対しても同様のことが言えるのではないかと思います。

 

まず、自分が恐怖や不安を感じているなら、それに気づいてしっかりと心の中を見つめてみましょう。

 

私もそうでしたが、自分の中のネガティブな思考を感じることは心の奥がモヤァ〜としてあまり気持ちのよいものではありません。

 

しかし、しっかりと自分の感じている不安や恐怖と向き合っていくと、少しづつ不安や恐怖が薄まっていくように感じました。

 

タイトルは辛い時期を乗り越える方法とありますが、どちらかと言えば辛い時期も許容する方法という感じになりますね。

 

私は状況が大きく変化したという訳ではなく、再び自分の思考に打ちのめされることもあるかもしれませんがまぁなんとかなるんじゃないという気持ちで過ごせるようになりました。

 

 

再就職できたからといってハッピー!な訳ではない

どうも!

ナナシです。

 

再就職して一ヶ月程経ちましたが、この一ヶ月という短い間ですら会社辛い...となり、

「せっかく再就職したのに全然ハッピーじゃない!むしろ不幸!残念!」という感じでした。

 

なのでこれから再就職を目指される方は、仕事が始まったら始まったで、それはそれで面倒くさいということを肝に銘じておいてください。

 

私はそもそも会社に勤めることに期待を持ちすぎてしまっていたと思います。

 

それから、やっぱり自分の劣等感や自身の無さだったり、周りの目を必要以上に気にしすぎていました。

ニート時代にニューアースなどの精神的な本を読んで精神面を鍛えていたこともあり、もうどんなことが起きても大丈夫!などと思っていましたが、環境が変わってこうも打たれ弱くなってしまうとは、自分もつくづくまだまだだなぁと思ってしまいました。

 

今はなんとか山場を抜けて、少しマシな気分になってきました。

次の記事で、なんとかマシな気分になった方法を書いていきたいと思います。

 

 

div id="recommend-entries">